honkyouomotometeのブログ

一度きりの人生、あともどりもできない。
今日ベストの歩みができたらいいなあ。
思ったことを書いていきたい。

気落ちしないで

皆さん、進む道がふさがったと落胆しないでください。この国が乱れると気落ちしないでください。神様は死んではいません。この世界がどんなに乱れても、気落ちしないでください。神様は死んではいません。神様は必ず訪ねてこられます。すべてが動揺しても、天に対する一片丹心だけは動揺させないでください。天を頼って仰ぐ希望の心だけは変わらないでください。その心を変えようとするために、神様が皆さんをいかなる苦痛の場に追い込んだとしても、その場で父を呼ぶことができる心をもたなければなりません。いかなる場に落ちても、その場で天の心情のひもをつかんで上がろうと努力しなければなりません。地獄に落ちる苦痛を感じる恨があったとしても、父と共に参与する立場に立って父の苦痛を私が思いやって、その父は私の苦痛を察してくれることを信じて、そのような場でも行くという責任と義務を感じていくならば、皆さんは滅びないでしょう。
み言選集第十一巻  1961年2月12日 韓国前本部教会


7年の大患難のなか、緊迫した状況のなかにいる私たちですが、動揺しないでベストを尽くしていきましょう。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

患難の時

今朝久しぶりにリーマをしようと思って本棚にある本の中から訓教経(上)を選び、開いてみました。 418ページでした。”患難の時を用意された意味”
神様は終わりの日になれば、人類の前に七年の大患難があるだろうと予告されました。この患難時期は六千年の歴史路程において、天の悲しい曲折が聖徒にぶつかる時です。人間の絆がみな壊れていき、信じられない環境にぶつかる時です。自分がどんなに良心的に正しく生きたとしても、その良心で自らの生涯を主張できない時です。み旨を抱き、考えのある者であればあるほど、眺めるあちこちに苦痛を感じる時です。そのような時が、終わりの日の七年大患難の時です。
その時は、希望が揺れる時であり、私たちが信じている信仰の中心が揺れる時であり、信じて従った指導者が揺れる時です。主義はもちろん、宗教、良心、父母の心情までもすべて揺れる時です。
では、神様はなぜそのような世の中をつくっておかなければならないのでしょうか。それは真の神様、歴史的に苦労した神様と同参したという価値を与えるためです。神様は六千年間数多くの惨状を見てきましたし、数多くの曲折を受けられたので、終わりの日においては良心とか、主義とか、信仰ということをもって中心を立てることのできない環境にぶつかるようにするのです。そのような患難の中でも”神様を愛する”と言う、そのような難しい場でも”神様と共に生きる”と言い得る真の息子、娘を探すために、そのような時が来るというのです。
それゆえ皆さんは、教会が揺れるのを見て悲しむことなく、ある主義が動揺するのを見て悲しむことなく、ある主権者が倒れるのを見て悲しむことなく、自らの父母が変わったと悲しむことなく、自らの兄弟が変わり果てたと悲しまないでください。頼り、信じていた世の中のすべてが動揺しても、皆さんの心は平然としていなければなりません。神様は動揺せず、この時期も私を訪ねてこられるということを知らなければなりません。


緊迫する国際情勢ですが、私たちは神様を愛する、神様と共に生きる、神様が私たちを訪ねてこられておられると思ってこの患難を乗り越えましょう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

日本にこんな捕虜収容所があった

感動した話です。
初めて日本でベートーベンの第九が演奏されたのは、何と四国の捕虜収容所だった。





海外 感動 青島で敗れたドイツ兵が出会った日本人…その出会いが運命を変えた 日本とドイツの「歴史的な絆」【海外が感動する日本の力】






にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村