honkyouomotometeのブログ

一度きりの人生、あともどりもできない。
今日ベストの歩みができたらいいなあ。
思ったことを書いていきたい。

ヤラべアムの罪

預言者アヒヤはヤラべアムに言った。(ヤラべアムはヤコブが手を交差させて右手で祝福したヨセフの次男エフライムの子孫)ちなみにサウル王はベニヤミンの子孫で、ダビデ王とその子ソロモン王はユダの子孫


イスラエルの神、主はこう言われる、“見よ、わたしは国をソロモンの手から裂き離して、あなたに十部族を与えよう。
(略)
わたしがあなたを選び、あなたはすべて心の望むところを治めて、イスラエルの上に王となるであろう。もし、あなたが、わたしの命ずるすべての事を聞いて、わたしの道に歩み、わたしの目にかなう事を行い、わたしのしもべダビデがしたように、わたしの定めと戒めとを守るならば、わたしはあなたと共にいて、わたしがダビデのために建てたように、あなたのために堅固な家を建てて、イスラエルをあなたに与えよう。(列王記上11章)


しかしヤラべアムはその心のうちに言った、“国は今ダビデの家にもどるであろう。もしこの民がエルサレムにある主の宮に犠牲をささげるために上るならば、この民の心はユダの王である彼らの主君レハべアムに帰るであろう。” そこで、王は相談して、二つの金の子牛を造り、民に言った、“あなたがたはもはやエルサレムに上るには、およばない。イスラエルよ、あなたがたをエジプトの国から導き上ったあなたがたの神を見よ。” そして彼は一つをべテルにすえ、一つをダンに置いた。この事は罪となった。民はべテルへ行って一つを礼拝し、ダンへ行って一つを礼拝したからである。(列王記上12章)


北朝イスラエル(首都サマリア)の初代王はヤラべアム、南朝ユダ(首都エルサレム)の初代王はレハベアム(ソロモン王の息子)


ヤラベアムは神様の願いも虚しく、民がエルサレムに行けば自分から離れて行ってしまうという、自分なりの恐れによって、民をエルサレムにある主の宮に行かせないために偶像を作って、民にその偶像を拝ませました。その結果、民を神様から離反させてしまいます。


その後北朝イスラエル(10部族)は滅亡し、その国民は歴史から消滅してしまいます。彼らがどうなったのか分かりません。これは歴史上の大きな謎といわれています。


神様から離れてしまった中心者の下にいるメンバーは悲惨です。北朝イスラエルが消滅してしまって跡形もなくなってしまったように、家庭連合のメンバーも北朝イスラエルの歩んだ同じ道をいってしまうのでしょうか? 


家庭連合に従っている兄弟姉妹がそのような滅びの道に行きませんように。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

後悔

私より若い家庭連合の知人が聖和されました。
それでなにげなく人生について考えながらユーチューブを見ていたら、ある興味深い記事に出会いました。多くの老人がその人生で何を後悔しているかについての記事でしたが、そのいくつかを紹介したいと思います。


他人がどう思うか気にしなければよかった。


幸せをもっとかみしめて生きるべきだった。


もっと他人のために尽くせばよかった。


くよくよと悩まなければよかった。


家族ともっと時間を過ごせばよかった。


もっと人に優しい言葉をかけていればよかった。


あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった。


もっと思い切って冒険すればよかった。


もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった。
など


そして次のように書いてありました。
あなたの残りの人生で “今のあなた” が一番若いのです。


私たちは今生きていますが、あとどれだけ自分の寿命が残っているかは分かりません。
また例え健康であったとしてもある日突然事故に遭って霊界に行くことになるかもしれません。
これからの自分の人生で今の自分が一番若いのですから “今” を大切に生きて、できるだけ後悔を減らしていける歩みをしたいものだとその記事を読みながら思いました。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様はみ言葉の改ざんを嫌われる

イスラエルよ、いま、わたしがあなたがたに教える定めと、おきてとを聞いて、これを行いなさい。そうすれば、あなたがたは生きることができ、あなたがたの先祖の神、主が賜わる地にはいって、それを自分のものとすることができよう。わたしがあなたがたに命じる言葉に付け加えてはならない。また減らしてはならない。わたしが命じるあなたがたの神、主の命令を守ることのできるためである。(申命記4章)


神様はみ言葉を改ざんしてはならないと言われました。真のお父様も語られたみ言葉を改ざんしてはいけないと言われました。 


しかし韓氏オモニは真のお父様のみ言葉を改ざんし、いま原理講論をも改ざんしようとしています。


家庭連合の三大経典が出てきた時に思ったことは


天聖経 - 黒表紙から赤表紙に代わった - 読みやすくなったというある方の感想を
読んで思ったことは、赤は危険信号の意味じゃない? 読むと危険かもね
平和経 - 平和神経から”神”の字が消えてしまった、神様が離れていってしまわれた?
真の父母経 - 韓氏オモニを証しするための編纂?


改ざんされてしまったみ言葉集になってしまった。


八大教材教本を大切にしましょう。そこに神様と真のお父様が臨在されます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村